【らく痩せ】マッサージガンで内臓脂肪を減らす!その効果と使い方

※本サイトはPR広告を利用しています


お腹周りの脂肪が気になるけど、どうしたらいいの?

そんな悩みをお持ちのあなたに、朗報です。

マッサージ ガンは、筋肉をほぐして血行を促進することで、内臓脂肪の減少をサポートする効果が期待できます。

しかし、マッサージ ガンを使った内臓脂肪の減らし方には、コツがあります。

ゆるむ
ゆるむ

この記事では、マッサージ ガンを使った内臓脂肪の減らし方について、効果的な使い方や注意点などを詳しく解説します。ぜひ、参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • マッサージ ガンは内臓脂肪を減らすのに効果的な理由
  • マッサージ ガンを使った内臓脂肪の減らし方・使う際の注意点
  • 内臓脂肪減少への運動と食事、睡眠について

この記事を書くのは

マッサージ ガンで内臓脂肪を燃焼させる?そのメカニズムとは

近年、マッサージ ガンがダイエットや健康維持の手段として注目されています。マッサージ ガンは、振動や打撃によって筋肉をほぐし、血行を促進する効果があります。この効果によって、内臓脂肪の減少が期待できると考えられています。

マッサージ ガンによる内臓脂肪の減少メカニズムとしては、以下の2つが考えられます。

血行促進による脂肪燃焼

マッサージ ガンによる振動や打撃によって、筋肉の血行が促進されます。血行が促進されると、筋肉に栄養や酸素が行き渡り、脂肪を燃焼しやすくなります。

コルチゾール分泌の抑制

ストレスによって分泌されるコルチゾールは、内臓脂肪の増加を促進する作用があります。マッサージ ガンによってリラックス効果が得られると、コルチゾールの分泌が抑制され、内臓脂肪の減少が期待できます。

マッサージ ガンで内臓脂肪を減らすには?

マッサージ ガンで内臓脂肪を減らすためには、以下のポイントを押さえることが大切です。

  • お腹や背中などの内臓脂肪が蓄積しやすい部位を重点的にマッサージする
  • 1回10~20分程度を目安に、毎日または週に3〜4回程度行う
  • 体に負担をかけない優しいマッサージする
ゆるむ
ゆるむ

マッサージ ガンは、内臓脂肪の減少をサポートする一つの方法です。しかし、マッサージだけで内臓脂肪を大幅に減らすことは難しいため、食事や運動などの生活習慣の改善も併せて行うことが大切です。

マッサージ ガンで内臓脂肪を減らすための効果的な使い方

マッサージ ガンで内臓脂肪を減らすためには、以下のポイントを押さえることが大切です。

  • 腹部全体をまんべんなくマッサージする

内臓脂肪は、お腹全体に均一に分布しています。そのため、腹部全体をまんべんなくマッサージすることが大切です。

  • 10~20分程度を目安に、毎日行う

マッサージの効果を出すには、毎日30分程度を目安に行うことが大切です。

  • 強すぎる刺激は避ける

マッサージ ガンの刺激が強すぎると、逆効果になる可能性があります。痛みを感じない程度の刺激で行うようにしましょう。

マッサージ ガンで内臓脂肪を減らす具体的な方法

マッサージ ガンで内臓脂肪を減らす具体的な方法は、以下のとおりです。

  1. マッサージ ガンのヘッドを、お腹全体に当てます。
  2. ヘッドを動かしながら、腹部全体をまんべんなくマッサージします。
  3. マッサージの強さは、痛みを感じない程度に調整します。

マッサージの際は、以下の点に注意しましょう。

  • マッサージ ガンを直接骨にあてないようにする
  • お腹に炎症や痛みがある場合は、マッサージを控える

マッサージ ガンと他の方法を組み合わせる

マッサージ ガンと、他の内臓脂肪を減らす方法を組み合わせるのも効果的です。

例えば、食事制限や運動を組み合わせることで、より効率的に内臓脂肪を減らすことができます。

食事制限では、糖質や脂質の摂取を控え、食物繊維を多く摂取するようにしましょう。運動では、有酸素運動と筋トレを組み合わせるのがおすすめです。以下に詳しく解説していきます。

内臓脂肪を減らす効果のある食事と運動方法

内臓脂肪を減らすためには、食事と運動の両方によるアプローチが重要です。マッサージガンと組み合わせつつ生活習慣を改善することで大きな効果を期待できます。

食事で内臓脂肪を減らすためのポイント

  • 糖質の摂取量を控える

糖質は、体内で脂肪に変わりやすい栄養素です。そのため、内臓脂肪を減らすためには、糖質の摂取量を控えることが大切です。

具体的には、ご飯やパン、麺類などの主食の量を減らしたり、白米ではなく玄米や雑穀米にしたりしましょう。また、間食やおやつにも注意が必要です。

  • 脂質の摂取量を控える

脂質も、体内で脂肪に変わりやすい栄養素です。そのため、内臓脂肪を減らすためには、脂質の摂取量も控えることが大切です。

具体的には、揚げ物や脂身の多い肉や魚、乳製品などの摂取量を減らしましょう。また、油の使用量を減らすことも大切です。

  • 食物繊維を多く摂る

食物繊維は、脂質の吸収を抑える働きがあります。そのため、内臓脂肪を減らすためには、食物繊維を多く摂ることが大切です。

具体的には、野菜やきのこ、海藻類、豆類などを積極的に摂りましょう。

  • タンパク質を十分に摂る

タンパク質は、筋肉の材料となる栄養素です。筋肉量が増えると、基礎代謝がアップし、内臓脂肪を減らしやすくなります。

具体的には、肉や魚、卵、大豆製品などを積極的に摂りましょう。

運動で内臓脂肪を減らすためのポイント

  • 有酸素運動を継続する

有酸素運動は、脂肪を燃焼させるのに効果的な運動です。そのため、内臓脂肪を減らすためには、有酸素運動を継続することが大切です。

具体的には、ウォーキング、ジョギング、水泳、サイクリングなどの運動を、週3〜5回、30分〜1時間程度行うようにしましょう。

  • 筋トレも取り入れる

筋トレは、筋肉量を増やすのに効果的な運動です。筋肉量が増えると、基礎代謝がアップし、内臓脂肪を減らしやすくなります。

具体的には、スクワットや腕立て伏せ、腹筋などの運動を、週2〜3回、20〜30分程度行うようにしましょう。

内臓脂肪を減らすためには、食事と運動を組み合わせて、継続的に取り組むことが大切です。また、無理のない範囲で、自分の体に合った方法を見つけることが重要です。

内臓脂肪を減らす睡眠

睡眠は、内臓脂肪を減らすために重要な要素です。睡眠不足は、内臓脂肪の増加につながると考えられています。

睡眠不足が内臓脂肪を増加させる理由

睡眠不足が内臓脂肪を増加させる理由は、以下の2つです。

  • 食欲を増進させる

睡眠不足は、食欲を増進させるホルモン「グレリン」の分泌を促進し、食欲を抑えるホルモン「レプチン」の分泌を抑制します。そのため、睡眠不足になると、食欲が増進し、摂取カロリーが増えてしまいます。

  • 脂肪の分解を抑制する

睡眠不足は、脂肪の分解を抑制するホルモン「アディポネクチン」の分泌を減少させます。そのため、睡眠不足になると、脂肪の分解が抑制され、内臓脂肪が蓄積されやすくなります。

内臓脂肪を減らすために必要な睡眠時間

内臓脂肪を減らすためには、十分な睡眠をとることが大切です。成人の場合は、7〜8時間の睡眠が理想とされています。

また、規則正しい生活を心がけることも大切です。毎日同じ時間に就寝し、同じ時間に起床するようにしましょう。

睡眠不足が気になる場合は、まず睡眠時間を増やすことから始めてみましょう。また、寝る前にカフェインやアルコールを摂取しないことも、睡眠の質を高めるためには重要です。

ゆるむ
ゆるむ

内臓脂肪を減らすためには、食事と運動に加えて、睡眠にも気を配ることが大切です。

Q&A

Q
マッサージ ガンは、内臓脂肪をどのくらい減らすことができますか?
A

マッサージ ガンだけで内臓脂肪を大幅に減らすことは難しいと考えられます。しかし、食事制限や運動などと組み合わせることで、内臓脂肪の減少をサポートする効果が期待できます。

Q
マッサージ ガンは、どのくらいの頻度で使用すればよいですか?
A

内臓脂肪を減らすために効果的な使用頻度は、毎日10~20分程度です。ただし、痛みを感じない程度の強さで行うようにしましょう。

Q
マッサージ ガンは、どの部位をマッサージすればよいですか?
A

内臓脂肪は、お腹全体に均一に分布しています。そのため、腹部全体をまんべんなくマッサージすることが大切です。

Q
マッサージ ガンを利用する際には、どのようなことに注意すればよいですか?
A

マッサージ ガンを直接骨にあてたり、お腹に炎症や痛みがある場合は、マッサージを控えるようにしましょう。また、マッサージの強さは、痛みを感じない程度に調整するようにしましょう。

Q
マッサージ ガンを利用する際に、他の方法と組み合わせるとよいことはありますか?
A

マッサージ ガンを利用する際には、食事制限や運動などと組み合わせることで、より効率的に内臓脂肪を減らすことができます。

まとめ

マッサージ ガンは、筋肉をほぐして血行を促進する効果があります。そのため、内臓脂肪の減少をサポートする効果が期待できます。

マッサージ ガンを使った内臓脂肪の減らし方のポイントは、以下の3つです。

  1. 筋肉をほぐし、血行を促進する
  2. 毎日10~20分程度、腹部全体をまんべんなくマッサージする
  3. 痛みを感じない程度の強さで行う

また、マッサージ ガンを使う際の注意点は、以下の2つです。

  1. 骨や炎症のある部位には直接当てない
  2. マッサージの強さは痛みを感じない程度に調整する

マッサージ ガンは、食事制限や運動と組み合わせることで、より効果的に内臓脂肪を減らすことができます。

お腹周りの脂肪が気になる方は、ぜひマッサージ ガンを使った内臓脂肪の減らし方を試してみてください。

マッサージガンの使い方・知識

コメント

タイトルとURLをコピーしました